BTOパソコンは自由度が高い

BTOパソコンは自由度が高い

自作パソコンとの類似点

たとえば、パソコンメーカーのネット通販で、メモリーやハードディスクの容量、OSのバージョンなどパソコンのパーツの構成やソフトを選択できることがあります。
こうした自分の要望に合わせて受注し作られたパソコンを、BTOパソコンと呼ぶのです。
しかし最近はもっと進んで、メーカーが受注生産するだけでなく、パソコンの販売会社が組み立てて売り出しているパソコンも同じようにそう呼ばれています。
こちらはさらに自由度が高く、ケースからCPU、マザーボード、メモリーなど全てを様々なメーカーから取り入れ、さらにグラフィックボードや最新のパーツのSSDなどを要望に合わせて搭載しています。
つまり、完成された自作パソコンといえるものなのです。

ビジネス用途にもBTOパソコンが定着

現在はどちらかというと、こちらのパソコン販売会社が組み立てたものがBTOパソコンと呼ばれることが多く、これらはIT関連の会社やITに強い人から非常に強い支持を受けています。
その理由は、メーカー製のパソコンより、より高いパフォーマンスを発揮するものが多いからです。
これは一般の人よりパソコンに詳しい人が選ぶため、できるだけ性能が重視され、また処理能力の早さにこたえられるパーツ構成がされているのです。
しかもなんといっても最大の人気の秘密は、高性能なのに価格が比較的安価ということです。
様々なパーツメーカーを組み合わせて作り上げることで、コストが抑えられ、低価格を実現できるとされています。
これらの他、さらにパーツ交換や増設、修理がしやすいことも大きなメリットです。
こうした高性能なBTOパソコンは、今一般の家庭でも徐々に浸透しています。

その他のBTOパソコンの用途

特に、ソーシャルゲームを楽しむ人や動画編集が趣味の人には、グラフィックボードが搭載されたBTOパソコンが高い人気です。
また、FXなどオンライントレードを行う人にも、処理の早いこれらのパソコンが人気となっています。

おすすめ記事

    Menu

    HOME

    TOP