ゲーム実況PCとスペック 最強セットアップのコツ

目次

ゲーム実況PCのための最適スペック解説

ゲーム実況PCのための最適スペック解説

ゲーム実況に必要な最低限のスペック

ゲーム実況を始めるにあたり、最低限のPCスペックを把握することは、円滑で快適な配信活動の礎となります。

ゲームのプレイだけでなく、同時に配信も行うため、通常のPC使用を超えるパフォーマンスが求められるからです。

まずはプロセッサーですが、ゲームの処理と配信ソフトウェアの動作を同時にこなせるよう、少なくともクアッドコアのCPUを選ぶことが肝要です。

Intel Core i5シリーズ以上、もしくはAMD Ryzen 5シリーズ以上が適しています。

それに加え、ゲームによってはグラフィックカードが重要な役割を担いますので、GeForce RTX3050やAMD Radeon RX 7700といったミドルレンジのGPUがターゲットとなるでしょう。

次にメモリは、複数のアプリケーションをスムーズに動かすため16GBを推奨します。

そしてストレージについては、ゲームのロード時間を短縮し、データ転送速度を高速化するために、SSDの導入を検討すべきです。

少なくとも1TBを確保し、経験が積み重なるにつれ、追加のストレージを構築していくのが望ましいです。

インターネット接続においても、安定した高速な通信環境は必須です。

配信のクオリティは通信速度に直結しますので、ギガビットの有線LAN接続を基本として、余裕のある帯域幅を保持することを目指しましょう。

これらのスペックはあくまでゲーム実況におけるスタートラインですが、視聴者がストレスなく楽しめる配信を心掛けることで、将来的なアップグレードの基盤を固めることにもつながります。

???スペックが、ゲーム実況の質を支え、視聴者との信頼を築く一歩と言えるでしょう。

高画質配信のための推奨スペック

ゲーム実況PCの中核を成すのは、高画質配信を支えるパフォーマンスです。

高画質での配信を実現するためには、強力なグラフィックカードが不可欠であり、NVIDIA GeForce RTX40シリーズやAMD Radeon RX 7000シリーズが推奨されます。

これらのカードは、最新のゲームタイトルを鮮明で滑らかな映像でストリーミングするための力を持っています。

さらに、ゲームの計算処理と配信のエンコードを同時に行うには、マルチコアが搭載された高性能プロセッサが求められます。

インテルCore i7以上、またはAMD Ryzen 7以上のCPUが好ましい選択といえるでしょう。

これに加え、大量のデータをすばやく処理するためのRAMは最低16GBが必要ですが、余裕をもって32GBを搭載することが理想的です。

快適な配信を継続する上で、PCの冷却システムの充実も見過ごせない要素です。

高負荷が続くゲーム実況では熱が集中しやすいため、効率の良い冷却装置を選ぶことが重要です。

また、ストレージには高速なSSDを推奨し、ゲームの読み込み速度を上げると同時に、配信が行われている間のパソコンのレスポンスも改善されます。

このように、ゲーム実況PCに求められるスペックは多岐に渡りますが、品質の高い配信を実現するためにはこれらを総合的に考慮し、慎重にパーツ選びをすることが肝心です。

高性能なパーツはゲームの美しさを引き出し、視聴者に忘れがたい体験を届けるでしょう。

ストリーミングとゲームプレイの両立に最適なCPUとは

ゲーム実況PCの中核を成すのは、間違いなくCPUです。

ストリーミングとゲームプレイを同時に行うためには、多くの処理能力と高速なマルチタスク性能が求められます。

このような要求に応えるためには、コア数が多く、スレッド数が十分に確保されたCPUを選ぶことが不可欠です。

例えば、現代のゲーム実況においては、最低でも8コア16スレッドを持つCPUが推奨されていますが、安定したストリーミング品質と快適なゲームプレイを求めるならば、8コア16スレッド以上が望ましいと言えるでしょう。

また、ストリーミング中にゲーム以外のアプリケーションをスムーズに動作させるためには、高いベースクロック周波数を有するCPUが優れています。

さらにゲームのロード時間を短縮し、ストリーミングソフトウェアのレンダリングタイムを短く保つには、ターボブースト機能やオーバークロック能力が高い製品が適しています。

最新のゲームや重たいグラフィックス作業を想定すると、インテルの最新世代のCore i7やi9シリーズ、AMDからはRyzen 7やRyzen 9シリーズが良い選択です。

これらのプロセッサーは、ストリーミングとゲームプレイの需給に応えるために適切なパフォーマンスを提供してくれます。

また、ゲームやソフトウェアの最適化が進むにつれて、これらのプロセッサーの性能を最大限に引き出しやすくなります。

CPU選びは、ゲーム実況PCの成功を大きく左右する要素です。

ゲーマーとしてのスキルを十分に発揮し、視聴者に快適な視聴体験を提供するためにも、賢い選択が求められます。

高性能なCPUに投資することは、耐久性や将来性を考慮しても決して無駄ではありません。

ですから、ゲーム実況者としての一歩を踏み出す際には、自分が扱うコンテンツの性質を考慮しつつ、最適なスペックのCPUを選ぶことが重要です。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41549 2394 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41497 2336 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41497 2336 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38943 2058 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38866 2030 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35835 2213 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35835 2213 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34070 2188 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 34070 2188 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32833 2082 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32833 2082 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29522 2021 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29118 1951 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27284 2026 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24865 2083 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24865 2083 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22278 1931 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20549 1997 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19684 1919 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17893 1799 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16192 1761 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16192 1761 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15428 1963 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9158 1731 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9158 1731 公式 価格

グラフィックカード選びの重要ポイント

グラフィックカード選びの重要ポイント

ゲーム実況で影響大!GPUの性能基準

ゲーム実況で代表的な重要ポイントとして、グラフィックカード、つまりGPUの性能が挙げられます。

視聴者に滑らかな映像を提供するためには、高解像度でありながらも高フレームレートを維持することが絶対条件です。

そのため、選定する際は、現行のトップタイトルが推奨するスペックを逸脱しないよう、十分な3D処理能力が求められます。

大切なのは、ただ最も高性能なGPUを選ぶのではなく、配信するゲームのジャンルや求める画質設定に見合ったモデルを選ぶことです。

たとえば、迫力のアクションゲームやリッチなグラフィックが魅力の冒険ゲームでは、4K解像度で高設定を目指すならば、最新世代の高性能なGPUが必須です。

対照的に、カジュアルなゲームや2Dのインディータイトルを中心に配信するのであれば、そこまでの性能は不要でしょう。

さらに、ゲームをプレイするだけでなく、リアルタイムでのエンコーディングも考慮に入れる必要があります。

実況配信では、ゲームを快適にプレイしながら、ストリーミングにも十分なリソースを割り当てるバランスが求められます。

この重負荷状態に耐えうるGPUを選定することで、視聴者は遅延や画質低下のないクリアな映像を体感できるのです。

最終的に、ゲーム実況PCにおけるGPU選びは、配信の質を左右すると言っても過言ではありません。

適切な性能管理とゲームの要件を見極め、コストパフォーマンスに優れたものを選ぶ眼力が、最強のゲーム実況PCセットアップを実現する鍵となるでしょう。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36480 73399 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30336 72701 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29375 67662 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26386 66849 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23927 55100 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20092 49985 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19397 50627 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18119 45432 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17131 42031 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13572 34270 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13571 34715 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13454 34089 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12568 30083 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10916 31429 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10743 28303 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10734 27232 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7397 19428 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6324 15885 130W 公式 価格
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

配信品質向上のためのビデオエンコード機能

ゲーム実況PCにおいてグラフィックカードは、ただゲームを美しく表示するだけではなく、配信品質を向上させるビデオエンコード機能を備えていることが求められます。

この機能は、実際のゲームプレイをリアルタイムで処理し、視聴者にスムーズな映像を提供するために不可欠です。

エンコードはCPUに負担をかけがちですが、最新のグラフィックカードには専用のエンコードユニットが搭載されており、CPUの負担を大幅に削減することができます。

特に注目すべきは、NVIDIAのNVENCとAMDのVCEのようなハードウェアエンコーダーです。

これらは配信時の映像品質を維持しながら、エンコードの処理負荷を効率的に分散し、ゲームプレイのパフォーマンスを犠牲にすることなく高品質なストリームを可能にします。

高解像度のゲーミングやVRコンテンツをストリーミングする際、これらの機能を有するグラフィックカードを選択することは、視聴者に対して鮮明で滑らかな視聴体験を提供するために決定的な差となります。

さらに、ゲーム実況に適したグラフィックカードを選ぶにあたっては、その最大の特徴とも言える高い互換性や将来性も考慮する必要があります。

ストリーミングプラットフォームや録画ソフトウェアが提供する最新の機能を最大限に活用できるよう、更新頻度やサポート体制も重要な選定基準となります。

総じて、ゲーム実況PCに適したグラフィックカードは、単に高性能なゲームプレイを楽しむためだけではなく、エンコード機能を駆使して配信品質を極めて向上させるための、賢明な投資であると言えるでしょう。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT R50IA

パソコンショップSEVEN ZEFT R50IA

ゲームも仕事もこなす万能ミドルレンジパフォーマンス、私たちのゲーミングPC
最新かつ均衡のとれたスペックが貴方のパフォーマンスを加速させる
洗練されたFractalデザインが空間にスタイリッシュな印象をもたらす
Ryzen 9 7900の処理能力でタスクが驚くほどスムーズに

【ZEFT R50IA スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R50IA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

ゲームもクリエイティブもスムーズにこなすバランス型ゲーミングマシン
最新ゲームが快適、16GB DDR5とRTX 4060Tiの威力を堪能
省スペースを追求、透明感あふれるコンパクトNR200P MAXケースで魅せるデスクトップ
Core i5 14600KF、最新世代がもたらすスマートなパフォーマンス

【ZEFT Z44FA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47U

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47U

ゲームも作業もスマートにこなす、ユニバーサルミドルグレードゲーミングPC
RTX 4070Ti搭載で、驚愕のグラフィックパフォーマンスとバランスが特徴
NZXT H6 Flow White、透明感あふれるデザインで部屋を彩るマシン
Core i5 14400Fで快適操作、スマートパフォーマンスを実現するPC

【ZEFT Z47U スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47U

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BN

応答速度とグラフィックで勝負する、ゲーミングPCの新星
高速SSDと32GBメモリが生み出す、驚くべきパフォーマンスバランス
NZXTホワイトケース、透明なサイドで美しさも実力も見せつける
i9-14900KFが頂点を極める、スピードとパワーの結晶

【ZEFT Z45BN スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel Z790 チップセット ASUS製 TUF Gaming Z790-PLUS WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BN

ストリーミングを快適にするメモリとストレージの選び方

ストリーミングを快適にするメモリとストレージの選び方

快適なゲーム実況に最適なメモリ容量

快適なゲーム実況に欠かせない要素の一つが、メモリ容量です。

ストリーミングやライブ配信時に多くのプログラムを同時に動かすことが求められるため、十分なメモリはシステムをスムーズに運用する上で重要な役割を担います。

一般的にゲーム実況用のPCでは、最低でも16GBのRAMを推奨しますが、多様なアプリケーションを利用したり、より高解像度のストリーミングを目指したりする場合は、32GBあるいはそれ以上の容量が望ましいでしょう。

さらに、メモリの速度もパフォーマンスに影響を与えます。

たとえば、DDR4メモリの3000MHz以上の速度は、データの読み書きを迅速に行い、遅延を減少させるため、滑らかなゲームプレイと高品質なストリーミング体験のために役立ちます。

ただし、選択するメモリの速度はマザーボードとの互換性を十分に確認することが大切です。

ストレージに関しては、ゲームのロード時間を短縮し、録画した映像データの保存に必要なスペースを確保するためにも、SSDの導入は不可欠です。

容量面では、少なくとも500GB以上のSSDをメインドライブとして使用し、必要に応じて追加のHDDまたはSSDをデータドライブとして設けることで、ゲーム、ソフトウェア、そして配信データを効率良く管理することができます。

ゲーム実況をただの趣味から一歩進んだプロフェッショナルな活動に引き上げるためには、これらのスペックへの投資が必須です。

適切なメモリとストレージを選ぶことが、高品質なゲーム実況体験を実現するカギとなるのです。

ゲームのロード時間を短縮!ストレージの要点

ゲームのロード時間はプレイ体験において非常に重要な要素です。

ゲーム実況をする際にかかる時間を最小限に抑えることで、視聴者はストレスなくスムーズな視聴体験を得られます。

そのため、ストレージの選び方が鍵となります。

ストレージにはHDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の二種類がありますが、速度面で大きな違いがあることを理解しておく必要があります。

HDDは価格が魅力的で大容量のデータを保存できる一方、機械的な動作によりアクセス速度がSSDより遅いのです。

一方、SSDは半導体メモリを用いており、データアクセス速度が高速で、ゲームのロード時間を大幅に短縮できます。

さらに、SSDの中にもSATA接続とNVMe接続という違いがあり、特に実況向けの環境を構築する場合、NVMe接続のSSDを選ぶことがおすすめです。

NVMe接続のSSDはSATA接続のSSDに比べて圧倒的な速度を誇り、これによりゲームのロードはもちろんのこと、素早いファイルの読み書きが可能になり、高画質なストリーミング配信時のデータ処理も余裕を持って対応できるのです。

結局のところ、ゲーム実況PCのストレージ選びにおいては、快適なゲームプレイと高速なストリーミング配信を支えるため、信頼性と高速処理を兼ね備えたNVMe接続のSSDを選択することが、最強セットアップを実現するための要点です。

こうした配慮は、実況者がストレスなくパフォーマンスを発揮するためには欠かせない要素であり、視聴者にプロフェッショナルな実況体験を提供するためにも重要と言えるでしょう。

PCケースと冷却システムの選定

PCケースと冷却システムの選定

ゲーム実況中の熱管理とエアフロー

ゲーム実況中のパフォーマンス維持のため、熱管理とエアフローは避けて通れない要素です。

高性能なコンポーネントが連携して、鮮やかな映像と迫力のあるサウンドを生み出す一方で、その熱気はPCにとって大敵となります。

冷却システムが優れていないと、システムの安定性が損なわれるだけでなく、長期的な性能低下やハードウェアの故障を引き起こすリスクも高まります。

ゲーム実況を行う際には、パワフルなグラフィックスカードやプロセッサーが生み出す熱を効率的に外部へ放出できるPCケースの選定が肝心です。

大きめのキャビネットは内部空間が広く、より多くのファンを配置することができますが、ただ大きいだけでは意味がありません。

重要なのは、エアフローを考慮したデザインを持ち、適切な場所にファンや放熱部品を配置できるケースです。

また、正面から取り込んだ冷たい空気を効率よく内部のホットスポットを通過させ、背面や上部から排出する設計にすることで、パーツへのダメージを抑えながら安定した性能を維持します。

これに加えて、進化する液冷システムは、特にオーバークロックなどの高負荷時においてその真価を発揮します。

これら冷却システムの適切な活用は、長時間のゲーム実況においてもシステムの落ち着きを保ちつつ、視聴者に最高品質のストリームを提供するために不可欠です。

エアフローを最大化するためにも、ケーブルマネジメントにも注意が必要です。

余分なケーブルを適切に束ね、流れるような内部レイアウトを実現することで、空気の流れがスムーズになり、クールダウンに寄与します。

ゲーム実況PCの設計には、こうした細部にまで気を配ることが求められるのです。


クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT R50IA

パソコンショップSEVEN ZEFT R50IA

ゲームも仕事もこなす万能ミドルレンジパフォーマンス、私たちのゲーミングPC
最新かつ均衡のとれたスペックが貴方のパフォーマンスを加速させる
洗練されたFractalデザインが空間にスタイリッシュな印象をもたらす
Ryzen 9 7900の処理能力でタスクが驚くほどスムーズに

【ZEFT R50IA スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R50IA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

ゲームもクリエイティブもスムーズにこなすバランス型ゲーミングマシン
最新ゲームが快適、16GB DDR5とRTX 4060Tiの威力を堪能
省スペースを追求、透明感あふれるコンパクトNR200P MAXケースで魅せるデスクトップ
Core i5 14600KF、最新世代がもたらすスマートなパフォーマンス

【ZEFT Z44FA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47U

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47U

ゲームも作業もスマートにこなす、ユニバーサルミドルグレードゲーミングPC
RTX 4070Ti搭載で、驚愕のグラフィックパフォーマンスとバランスが特徴
NZXT H6 Flow White、透明感あふれるデザインで部屋を彩るマシン
Core i5 14400Fで快適操作、スマートパフォーマンスを実現するPC

【ZEFT Z47U スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47U

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BN

応答速度とグラフィックで勝負する、ゲーミングPCの新星
高速SSDと32GBメモリが生み出す、驚くべきパフォーマンスバランス
NZXTホワイトケース、透明なサイドで美しさも実力も見せつける
i9-14900KFが頂点を極める、スピードとパワーの結晶

【ZEFT Z45BN スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel Z790 チップセット ASUS製 TUF Gaming Z790-PLUS WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BN

見た目も性能も兼ね備えたPCケースの選び方

PCケースの選び方は、ゲーム実況PCのセットアップにおいて見逃せない重要な要素です。

セットアップにおいて単なる筐体としての役割を超え、システム全体の冷却効率や拡張性、さらには実況者の個性を反映するビジュアル面でも大きな意味を持ちます。

理想のPCケースを選ぶ際には、第一に優れたエアフローを確保できる設計を備えていることが求められます。

これにより内部の高性能コンポーネントが最適な温度で動作し、長時間のストリーミング中にも安定したパフォーマンスを維持できます。

また、使い勝手の良いレイアウトも大切です。

ケーブルマネジメントがしやすく、ハードドライブやSSD、追加のファンやラジエーターといった部品が簡単に取り付けられる設計になっているかをチェックしましょう。

これはメンテナンスやアップグレードの際の手間を減らし、将来的な拡張に対応できる柔軟性をもたらします。

さらに、現在のトレンドとしてRGB照明やテンパードグラスのサイドパネルなど、目を引くデザインも注目されています。

実況映像内で映し出されるPCが視聴者に印象を与えるだけでなく、実況者自身のモチベーションを高める効果もあります。

しかしながら、デザインは使用環境や好みに合わせて選ぶことが肝心です。

性能と見た目のバランスを見極め、最終的には冷却性能を犠牲にしないスタイリッシュなケースを選ぶことが最良の策と言えるでしょう。

実況PCの中心となるPCケースを適切に選定することで、信頼性の高いストリーミング環境と視覚的な満足感の両方を手に入れることが可能です。

効率的な電源ユニットの選定方法

効率的な電源ユニットの選定方法

安定した電源供給のためのワット数の見積もり

効率的な電源ユニットの選定では、PCのスペック全体と必要なワット数を見積もることが欠かせません。

ゲーム実況では、高品質なグラフィックカードや複数のストレージ、追加の冷却装置が求められることが多く、これらは通常より多くの電力を必要とします。

適切な電源ユニットを選ぶ際には、全コンポーネントのピーク時の消費電力を合計した上で、その数値に少なくとも20%から30%を上乗せすると良いとされています。

この余裕を持たせることで、突発的な電力需要の増加にも対応でき、電源ユニットの効率と寿命を最適に保つことができます。

また、ゲーム実況PCでは長時間の使用が常であり、その間の安定した電源供給はパフォーマンスを維持する上で重要です。

そこで、80 PLUS認証を受けた電源ユニットを選定することが推奨されます。

この認証を受けた電源は、高い効率で安定した電力を供給することが証明されており、電源選びの際の信頼性の高い目安となります。

適切な電源ユニットがあれば、ゲーム実況におけるPCのパフォーマンスを最大限に引き出し、より魅力的なコンテンツ制作が可能になります。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

長時間実況に耐える電源ユニットの選び方

ゲーム実況においては、長時間にわたるパフォーマンスを支える堅牢な電源ユニットが不可欠です。

実際に電源ユニットを選ぶ場合、まず重要なのは80 PLUS認証を受けた製品を選ぶことです。

この認証は、効率的な電力変換を保証し、無駄な電力消耗を削減して長閑に渡る信頼性を高めます。

さらに、運用中の負荷状況に応じた電源ユニットの出力選定が重要となります。

ゲーム実況用PCの場合、グラフィックカードやCPUは高出力を必要としますから、全体の出力よりも余裕を持って設計された電源が望ましいです。

加えて、電源ユニットは静音性も重要視されます。

長時間にわたる実況は、集中力が必要なだけでなく、ファンの騒音が視聴者の体験を損ねかねません。

そのため、大口径ファンや低回転設計の静音電源ユニットが優先されます。

また、温度制御機能を備え、負荷に応じてファン回転数を調節する機能も、効率性と静寂性のためには不可欠です。

最終的に、長時間実況に耐える電源ユニット選びでは、信頼性の高いメーカーからの選定が求められます。

品質が担保され、アフターケアも充実している製品は、過酷な使用状況下でも安心して使用することができます。

こうして、効率性、静音性、信頼性の3つのポイントを抑えた電源ユニット選びは、長時間のゲーム実況をサポートする、最強セットアップへの道に不可欠なステップと言えるでしょう。

ゲーム実況PCの拡張性を左右するマザーボード

ゲーム実況PCの拡張性を左右するマザーボード

将来のアップグレードを見据えたチップセットの選定

ゲーム実況PCにおけるマザーボード選びの要件の一つが、そのチップセットにあることは明らかです。

チップセットは、マザーボード上で様々なコンポーネントの間を取り持ち、データのやり取りを実現する重要な役割を担っています。

それゆえに、将来のアップグレードを意識したチップセットの選定がゲーム実況者にとっては欠かせないのです。

もし視野に入れているならば、PCIeレーン数が多いモデル、メモリの種類や速度に寛容なもの、高速なストレージインターフェースをサポートするものなどを考慮することが肝要です。

これらの機能を最大限に引き出すことは、ゲームの読み込み速度を上げ、高解像度のストリーミングを可能にし、結果、視聴者に対してより滑らかで魅力的な実況体験を提供できるためです。

さらに、CPUとの相性も無視できません。

最新世代のCPUを使用する予定なら、それに適合するチップセットを選び、将来的にもアップデートを容易にすることが望ましいでしょう。

熱に強く、オーバークロックのポテンシャルにも注目したいものです。

このような視点でマザーボードを選定することが、迫力のゲーム実況を長く継続させるための秘訣と言えるでしょう。

接続ポートと拡張スロットの要件について

ゲーム実況PCを設計する際にマザーボードは、そのパフォーマンスと将来性を大きく左右する根幹となる部品です。

接続ポートと拡張スロットは、特に配慮が必要な要素の一つで、満足いくゲーム実況環境を構築するためには、適切な選択が欠かせません。

USB接続ポートは複数のデバイスを同時に扱うことが多い実況者にとって、その数と速度が重要です。

USB 3.0やThunderbolt 3などの高速ポートは、ウェブカメラ、マイク、外部ストレージなどの機器をスムーズに接続するために必須と言えます。

また、高解像度のゲーム画面を扱う際には、HDMIやDisplayPortなどのビデオ出力端子も充実している必要があるでしょう。

拡張スロットの面では、グラフィックカード用のPCI Express x16スロットはもちろん、将来的に追加するかもしれないサウンドカードやキャプチャカードに備えて、余分なPCI Expressスロットも重要です。

安定したゲーム実況を支える堅牢なネットワーク環境のために、高速なEthernetポートも考慮する必要があります。

安定したパフォーマンスと柔軟なアップグレードオプションを提供するマザーボードは、長期に渡って快適なゲーム実況体験を実現します。

より高性能なパーツに交換したい時や新しい技術が登場した際にも、柔軟に対応可能なマザーボード選びが、ゲーム実況PCの寿命を大きく延ばすことにつながるのです。

ゲーム実況に最適な入出力デバイス

ゲーム実況に最適な入出力デバイス

反応速度が鍵!ゲーミングキーボードとマウスの選び方

ゲーム実況の世界では、反応速度が勝敗を分ける鍵を握ります。

そのため、ゲーミングキーボードとマウスの選び方は実況者にとって非常に重要です。

ゲーミングキーボードを選ぶ際には、キーの反応速度を左右するアクチュエーションポイントとキースイッチに注目する必要があります。

低いアクチュエーションポイントを持つキーボードは、軽いタッチで即座に反応し、高速な操作が可能になります。

また、マウス選びでは、精度と快適さが決定的です。

センサーのDPIが高いマウスは微妙な動きも捉えやすく、正確なエイムに寄与します。

さらに、ユーザーの手に合ったサイズ感や形状が、長時間の使用においても疲れにくい快適な実況を実現します。

加えて、特に重要なのがポーリングレートです。

ポーリングレートが高いマウスは、コンピュータに対してより頻繁に位置情報を送信するため、より滑らかで正確なカーソルの動きを得られます。

最後に忘れてはならないのが、キーボードとマウスの耐久性です。

何千、何万回と繰り返されるクリックやキーストロークに耐えられるよう設計されたデバイスは、長期間にわたって安定したパフォーマンスを提供し続けます。

ゲーム実況では、こうした細部に至るまで注意を払ったデバイス選びが、快適な操作感と共に圧倒的なプレイパフォーマンスへと繋がります。

それぞれの実況者が求める特徴を理解し、自身に最適化された入力デバイスを手に入れることこそが、ゲーム実況PCのスペックを存分に生かす最強セットアップへの道です。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT R50IA

パソコンショップSEVEN ZEFT R50IA

ゲームも仕事もこなす万能ミドルレンジパフォーマンス、私たちのゲーミングPC
最新かつ均衡のとれたスペックが貴方のパフォーマンスを加速させる
洗練されたFractalデザインが空間にスタイリッシュな印象をもたらす
Ryzen 9 7900の処理能力でタスクが驚くほどスムーズに

【ZEFT R50IA スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R50IA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

ゲームもクリエイティブもスムーズにこなすバランス型ゲーミングマシン
最新ゲームが快適、16GB DDR5とRTX 4060Tiの威力を堪能
省スペースを追求、透明感あふれるコンパクトNR200P MAXケースで魅せるデスクトップ
Core i5 14600KF、最新世代がもたらすスマートなパフォーマンス

【ZEFT Z44FA スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z44FA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47U

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47U

ゲームも作業もスマートにこなす、ユニバーサルミドルグレードゲーミングPC
RTX 4070Ti搭載で、驚愕のグラフィックパフォーマンスとバランスが特徴
NZXT H6 Flow White、透明感あふれるデザインで部屋を彩るマシン
Core i5 14400Fで快適操作、スマートパフォーマンスを実現するPC

【ZEFT Z47U スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47U

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BN

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BN

応答速度とグラフィックで勝負する、ゲーミングPCの新星
高速SSDと32GBメモリが生み出す、驚くべきパフォーマンスバランス
NZXTホワイトケース、透明なサイドで美しさも実力も見せつける
i9-14900KFが頂点を極める、スピードとパワーの結晶

【ZEFT Z45BN スペック】
CPUIntel Core i9 14900KF 24コア/32スレッド 6.00GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel Z790 チップセット ASUS製 TUF Gaming Z790-PLUS WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45BN

ストリーミングと視聴者との交流をスムーズにするマイクとカメラ

ゲーム実況の醍醐味は、リアルタイムで視聴者との交流が可能な点です。

しかし、この交流を軽快かつプロフェッショナルに行うためには、優れたマイクとカメラが不可欠です。

優れたオーディオ品質のマイクは、実況中のあなたの声をクリアに捉え、ゲームの音とのバランスを最適化します。

細やかなニュアンスや感情も伝わりやすく、視聴者はまるで同じ部屋にいるかのような臨場感を得られるのです。

一方で、カメラの役割も重要です。

高解像度のカメラを用いることで、表情や身振り手振りがはっきりと視聴者に届きます。

対話する際の反応が見えることで、視聴者との絆がより強まり、コミュニティ感が増幅し、視聴者は実況をより楽しむことができます。

マイクとカメラが実況者の声と姿を支え、コンテンツの魅力を大きく引き上げるのです。

さらに、ストリーミング環境に最適化されたマイクとカメラを使うことは、実況中のトラブルを回避し、円滑なパフォーマンスを支えます。

例えば、優れたノイズキャンセリング機能を持つマイクは余計な背景音を抑え、カメラにおいては自動的に明るさを調整する機能が、昼夜を問わず一貫した映像品質を保ちます。

これらにより実況は中断されることなく、視聴者への没入感は一層高まるでしょう。

ゲーム実況におけるマイクとカメラの組み合わせは、ただ画面を共有する以上の価値を生み出します。

それは実況者と視聴者が互いに繋がる架け橋となり、共有されるゲーム体験を唯一無二のものに変えるのです。


ゲーム実況に必要なサウンド機器の選定

ゲーム実況に必要なサウンド機器の選定

高品質オーディオ出力のためのサウンドカードの検討

ゲーム実況における音質は視覚的要素と同等に重要です。

クリアでリアルなサウンドは、視聴者に臨場感を与え、ゲームプレイの魅力をより一層高めます。

そのため、高品質オーディオ出力が求められる際、サウンドカードの選定は重要なポイントになります。

オンボードオーディオだけでは不十分な場合、専用のサウンドカードは豊かな音の細部を引き出し、ノイズリダクションや音響エフェクトなどの高度な機能を提供します。

選択をする際には、まずサラウンドサポート機能を持つ製品を検討するとよいでしょう。

これにより、ゲーム内の環境音や足音、方向性を示すサウンドがリアルタイムで表現され、没入感を増します。

また、録音品質にも影響するので、ノイズキャンセリング機能や録音中のエコーキャンセレーション機能が搭載されているモデルは特に注目に値します。

さらに、ゲーム実況ではライブ配信時のリアルタイムな音声処理が求められることもあるため、低遅延で高忠実度のオーディオ処理ができるサウンドカードはプラスとなります。

ダイナミックレンジが広い製品や、ハイレゾオーディオに対応したモデルは、細かな音の違いまで明瞭に伝えることができます。

優れたサウンドカードは、これによりゲーム実況のプロフェッショナリズムを大いに向上させることが期待されます。

信頼性やブランドの実績も検討する価値があります。

定評のあるメーカーから発売されているサウンドカードは、しばしば優れたドライバーサポートやユーザーコミュニティによるサポートが得られることが多いです。

ゲーマーや実況者に広く支持される製品を選ぶことで、トラブルの解決がスムーズになり、安心して利用できるでしょう。

サウンドカード選びは、自身の実況スタイルと配信するゲームのジャンルを考慮して、最適な製品を選ぶことが大切です。

長時間使用でも快適なヘッドセットの重要性

ゲーム実況におけるサウンド機器選びでは、質の高いゲームプレイを伝えることが求められますが、その中でも特にヘッドセットの選定は重要な役割を担っています。

長時間にわたるゲーム実況では、耳への圧迫感や締め付けを最小限に抑えることが必須です。

これにより集中力の維持だけでなく、疲労の軽減が図れますので、実況の質が大幅に向上するのです。

また、クリアでバランスのとれたサウンド出力は、実況者だけでなく視聴者の体験も左右します。

視聴者にとって臨場感のあるオーディオ環境は、ゲームの世界観をより深く楽しむための鍵です。

そのため、ノイズキャンセリング機能が優れたヘッドセットは、背後から迫る足音や遠くの銃声など、細かなサウンドまでクリアに捉えることができ、特に多人数参加型のゲーム実況においては、他のプレイヤーとの連携を取る上でも欠かせない機能となります。

さらに、マイククオリティも見過ごせません。

声が明瞭に伝わるかどうかは、視聴者が実況者の話術を理解し、よりゲームに没頭する上での大切な要素です。

方向性を選択できるマイクや、マイクが口元との距離を調節できるタイプなど、実況者が自然体で話すことができる設計のヘッドセットが推奨されます。

このように、ゲーム実況用のヘッドセット選びには、快適性やオーディオのクオリティ、マイク性能といった多くの要素が重なり合い、それぞれが丁寧に選定されるべきです。

その結果、実況のプロフェッショナルとしての魅力を最大限に引き出し、視聴者を引きつける実況を生み出すことができるでしょう。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

最強のゲーム実況PCセットアップ例

最強のゲーム実況PCセットアップ例

プロゲーマーが推奨するゲーム実況PCの構成

プロゲーマーが推奨するゲーム実況PCの構成は、遅延なくゲームプレイを中継し、視聴者に臨場感溢れる体験を提供するために細部にまでこだわりが感じられます。

高性能CPUは必須で、現在ではインテルのCore i9シリーズあるいはAMDのRyzen 9シリーズが適しており、多くのタスクを素早く処理できるだけでなく、高負荷時でも安定したパフォーマンスを保ちます。

さらに、GPUは高解像度でゲームを滑らかに表示するために、NVIDIAのGeForce RTX4080以上を搭載することが一般的です。

メモリに関しては、少なくとも32GBを選び、ライブストリームやゲーム録画における作業の効率を向上させることが肝心です。

応答速度の速いSSDも重要な要素であり、ゲームロード時間を短縮し、システムの起動も迅速化します。

さらに、冷却システムは高性能な構成要素が熱を発しやすいため、水冷システムや複数のファンを使用してPC内部を適切な温度に保つ必要があります。

また、信頼性の高い電源ユニットはシステムの安定稼働に不可欠で、出力容量はゲーム実況に要求されるパワーを供給できる余裕をもったものを選ぶべきです。

このようなセットアップを完備したPCは、プロゲーマーだけでなく、観客の心をつかむゲーム実況においても欠かせないものと言えるでしょう。

信頼性とパフォーマンスを両立させた機材選びは、まさに視聴者を魅了するための強力な武器となります。

予算別のカスタマイズ例とそのパフォーマンス比較

ゲーム実況PCのセットアップにおいては、予算を考慮しながらも高性能な構成を目指すことが重要です。

低予算の範囲では、コストパフォーマンスに優れたCPUとGPUの組み合わせを選び、十分なストレージとメモリも確保することが求められます。

例えば、AMD Ryzen 5シリーズのプロセッサーに、NVIDIA RTX4060レベルのグラフィックカードを組み合わせることで、安定したフレームレートでのゲーム実況が可能となります。

中級の予算帯では、多くのゲームで高設定を目指せる性能を引き出すため、AMD Ryzen 7やIntel Core i7クラスのCPUと、RTX4060 TiからRTX4070程度のGPUが選ばれることが多いです。

同時に、高速なSSDと16GB以上のRAMがゲームだけでなくエンコーディング作業にも余裕をもたらします。

最上位の予算を許容するセットアップでは、最新のテクノロジーとともにストリーミングの質の向上も図ります。

AMD Ryzen 9やIntel Core i9といったトップクラスのプロセッサーに合わせて、RTX4080以上のGPUが究極の体験を提供します。

さらに、NVMe SSDと32GB以上の高速RAMは、複数のアプリケーションを同時にスムーズに動かすことを保証します。

予算ごとに異なるこれらのセットアップは、その資金に最適化されたパフォーマンスを提供し、ゲーム実況者が視聴者に高品質なコンテンツを届けるための基盤となります。

高いグラフィック設定でのプレイが可能となり、ライブストリーミング中のエンコーディングにも余裕を持たせることで、視聴者に快適な視聴体験を提供することができるのです。

あわせて読みたい

究極のプレイ環境 2024年版おすすめBTOゲーミングPCガイド

ゲーミングPC.jp

目指せトップクリエイター! 3Dアニメーター向けPC選定戦略

ゲーミングPC評価ブログ

システムエンジニア向けパソコン最適化編 プログラミングの快適な伴侶

ゲーミングPC Tier1

Windows PCで変わるデスクワーク 選び方と効率化のヒント

BTOパソコンチョイス

2024年決定版! おすすめデスクトップゲーミングPC完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

動画編集は静かな環境で! 最高のおすすめ静音PCレビュー

ゲーミングPC Tier1

ハイエンドゲーマー向け おすすめデスクトップゲーミングPC検証

ゲーミングPC評価ブログ

2024年版 AI専用PCおすすめカタログ 効率アップの選択肢

BTOパソコンチョイス

デスクトップ進化論 おすすめゲーミングPCで勝利を掴め

ゲーミングPC.jp

音楽制作PC戦略 DTMアーティストのためのおすすめ機種とスペック

BTOパソコンチョイス

初心者からプロまで! ゲーミングPC配信用おすすめセットアップ

ゲーミングPC評価ブログ

プロの視点! 配信に最適なゲーミングPCをおすすめします

ゲーミングPCフリーク

カスタマイズ可能なフル機能! おすすめBTOパソコン比較表

ゲーミングPC Tier1

プロゲーマーのためのおすすめBTOゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

ハードコアゲーマー必見! おすすめBTOゲーミングPCスペック解析

ゲーミングPC.jp

ビデオ編集者の夢を叶えるPC おすすめモデルの秘密

ゲーミングPCフリーク

ビジネスの新常識 2024年おすすめパソコンカタログ

ゲーミングPC Tier1

BTOパソコンとは?初心者から上級者まで理想の構成を見つけるテクニック

ゲーミングPC評価ブログ

極上のゲーム体験を実現! おすすめデスクトップゲーミングPC選定法

BTOパソコンチョイス

コスパ最強! ビジネスで活躍するおすすめパソコン特集

ゲーミングPC Tier1

知識ゼロからのWindows PC選び 初心者向けの完全ガイド

ゲーミングPCフリーク

おすすめライブ配信PCトップピック ストリーミングを支配する選択

ゲーミングPC評価ブログ

ビデオクリエイター必携! おすすめビデオ編集PCラインナップ

BTOパソコンチョイス

性能重視! 究極のゲーミングPC選び方

ゲーミングPC.jp

ゲーミングで勝つ! デスクトップPCのスペック別おすすめモデル

ゲーミングPCフリーク

ゲーム実況パソコンを選ぶコツ トップ実況者が推薦するおすすめモデルは?

BTOパソコンチョイス

おすすめデスクトップゲーミングPC エリートゲーマーの必需品

ゲーミングPCフリーク

コスパ最強! おすすめデスクトップパソコン選び方

ゲーミングPC Tier1

動画編集PCの最前線 2024年版トレンドとおすすめ商品

ゲーミングPC評価ブログ

動画編集からアニメーションまで 映像クリエイターのパソコン完全攻略

BTOパソコンチョイス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次